App Engine の利用する IP 範囲変更のお知らせ | Google ウェブマスター向け公式ブログ

このページは、外部サイト Google ウェブマスター向け公式ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「App Engine の利用する IP 範囲変更のお知らせ」 からご覧ください。
Google では、それぞれのサービスについて、広い範囲の IP アドレスを利用しており、それらは予告なく変更される可能性があります。Google App Engine は様々なサードパーティ アプリケーションがホストされている Platform as a Service(PaaS) です。この度、その IP アドレス範囲および、Google App Engine URLFetch や Sockets API が送信するヘッダーに関して変更が加わりましたので、お知らせいたします。

App Engine の IP 範囲を、インバウンド リクエストをフィルタするために利用することは推奨されていません。しかし、特定のアドレスを対象にしたフィルタを利用するサービスがあることは事実です。Google App Engine の IP 範囲は今月から変更されますので、その IP 範囲を特定するためには、こちらの指示(英語)に従ってください。

また、個別の App Engine アプリケーションを特定するためにこれまで利用されてきた HTTP User-Agent ヘッダー 文字列は、これ以降利用されるべきではありません。新しく導入された Sockets API を利用することにより、URLFetch API を利用することなく、 好きな User-Agent を設定した HTTP リクエストを送信することができます。

Posted by the Google App Engine Team
Original version: App Engine IP Range Change Notice
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PPC
クリック課金型の広告の総称。しばしば、検索連動型広告のことを指して使われることも ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]