アプリ内コンバージョンを分析して ROI を改善 良質なユーザーを AdWords で獲得しよう | Inside AdWords Blog-Japan

Inside AdWords Blog-Japan - 2014年1月31日(金) 08:00
このページは、外部サイト Inside AdWords Blog-Japan の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「アプリ内コンバージョンを分析して ROI を改善 良質なユーザーを AdWords で獲得しよう」 からご覧ください。
Posted by 中山 顕作 - モバイルアプリ ソリューション スペシャリスト

サマリー
  • 2014 年 1 月にアプリ内コンバージョン トラッキングがリリース
  • アプリ内のユーザー行動を計測できるため、ROI を大きく改善することが可能
  • コンバージョン オプティマイザーと組み合わせて使用することで良質なユーザーの獲得サイクルを回すことが可能

2014 年 1 月より Google AdWords 経由でモバイル アプリをインストールしたユーザーのその後の行動を計測することができるようになりました。たとえば、モバイル アプリ内での商品購入、会員登録、ゲームのチュートリアル完了などを把握することが可能です。

従来までの AdWords のコンバージョントラッキングでは、モバイル アプリのインストールのみが計測対象でした。そのため、多くの広告主は CPI(インストール単価:Cost Per Install)を指標としたプロモーションを行っていました。しかし、今回の機能追加により AdWords 経由のユーザー行動を広告の配信面やクリエイティブごとに分析することができるようになりました。


アプリ内コンバージョン活用の流れ



もちろん、アプリ内コンバージョンのデータを元に広告配信の最適化をすすめることができます。AdWords には過去のコンバージョンデータに基づいて、最も多くのコンバージョン獲得を目指す自動調整機能(コンバージョン オプティマイザー)もあるため、多くの手間を掛けずに良質なユーザーを獲得するサイクルを回すことができます。


アプリ内コンバージョンの設定例



“アプリ内での行動分析結果をシームレスに広告に活かせる、革新的な手法です。今後は配信面や時間帯、ユーザー属性等も ROI ベースで最適化することが可能なのです。”
中山 顕作 - モバイルアプリ ソリューション スペシャリスト


サポートのご案内

設定方法に関して不明点があり、サポートが必要な場合は AdWords サポート窓口までお問い合わせください。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Googleウェブマスターツール
同義語 の「Google Webmaster Central」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]