Digital Marketing Tribe Night 開催 | 業界人間ベム

業界人間ベム - 2012年7月31日(火) 07:49
このページは、外部サイト 業界人間ベム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「Digital Marketing Tribe Night 開催」 からご覧ください。

TATEITO社主催、デジタルインテリジェンス共催で、下記の

Digital Marketing Tribe Night が行われます。


日 時: 2012年8月23日(木)19:30〜22:30 ※19:00開場

会 場: ウルフギャング・バック・カフェ赤坂アークヒルズ店

     最寄駅:地下鉄六本木一丁目駅徒歩1分

若いデジタル広告、ネット広告業界のみなさん、是非いらしてください。

申し込みは下記からどうぞ

http://eventregist.com/e/DMTNight2012Summer

ネット広告業界をはじめとするデジタルマーケティングの業界も、これからまた大きな変革期に入りそうです。(まあ、同じビジネスモデルが3年しっかりもたないからたいへんです。)


その中で、将来に向けてスキルをどう磨いていくべきか。
正直、この業界で成長し、生涯収入を最大化するには、どんなキャリアステージのイメージを描いていけばいいのか、今はよく分からないという人も多いのではないかと思います。
デジタルマーケティングでは、新たなテクノロジーが次々と登場します。そうしたテクノロジーを駆使しようと思えば、操作画面に精通してオペレーションする人材が必要です。
しかしオペレーションをただの作業として、付加価値の低いものとしていては、業界が本当に欲しい人材は育たないのです。
オペレーションのなかから、データの意味を読み出す「分析官」、そして「打ち手」を提言する「コンサルタント」になるための知見を習得するチャンスがあり、また日頃オペレーションしているからこそ、そうしたスキルを獲得できるはずという考え方ができます。

もうひとつ、ネット専業や総合代理店でもネット広告部門にいる人たちは、広告主のメディア戦略の一番川下でしか作業をしていないことが多いので、そもそものメディア戦略、表現戦略というスタートの部分の理解がないまま、ネットの世界の部分最適を行っている状況なのです。

マーケティングコミュニケーションの全体像や、ほかのマス広告分野ではどんなプランニングが行われているかも知るべきでしょう。

自分たちのやっていることを俯瞰すること。そして、単体のテクノロジーオペレーションスキルをそれだけに終わらせずに、複合させることでより価値のあるスキルに向上させることなどから、価値あるスキルセットを持つ人として評価を得るためのプログラムを提供しようと思います。

当日、会場で是非お会いしましょう。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]