Googleのランクにやや大きな変動? | CyberAgent SEO Information

CyberAgent SEO Information - 2009年10月9日(金) 10:01
このページは、外部サイト CyberAgent SEO Information の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「Googleのランクにやや大きな変動?」 からご覧ください。

昨日(やや少し前から)Googleにおいて少し大きめなランク変動があったようです。

しかしながら、Googleの公式ブログでは、インデックスアップデートもアルゴリズムアップデートも公表されていません。


弊社の調査では、通常値の約3倍程度の変動値を観測したのですが・・・。


変動内容を見てみると、普通のインデックス更新やアルゴリズム更新とは異なる動きをしているのが少し見えていました。

現在調査中のものも多いのですが、特に目立つ傾向としては、

・同一ドメインの中で上位に表示されるページが入れ替わる

というものがありました。

また、リダイレクトが使用されているURLでは、

・リダイレクト前のURLがインデックスされているように変化したものが多い

という傾向が出ています。

通常通りのランクチェックをしてみたら、

上位に居たのに圏外に飛んでしまった!

どうしよう・・。大変だ・・・。

そう思っていたら、別のページが出ていた!

なんてことも結構あると思います。

もちろん、通常SEOを行う場合には最適なページをLPとして設定するでしょうから、

LPが入れ替わってしまうのは良くはないのですが。


LPが変わっているということは、

被リンクの絶対数の評価が少し下がった可能性もあると思います。

(事象から見る可能性の問題です)

論理構造を重視したのか、被リンクについての扱いが変わったのか?


大きなアルゴリズム変動ではない模様ですが、少し調査してみたいと思っております。


【木村 賢】



メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス