米ブラウザのユニークなcookieの56%が2人以上で共有されている | Insight for WebAnalytics

Insight for WebAnalytics - 2009年12月2日(水) 09:30
このページは、外部サイト Insight for WebAnalytics の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「米ブラウザのユニークなcookieの56%が2人以上で共有されている」 からご覧ください。
2009/12/1のcomScoreのリリースから。

これはネット視聴率データで個人とブラウザの利用の両方をトラッキングして調査したもの。見ているサイトによって特性が違うので、数字も上下がある。米国でもPCの共有利用がこんなに大きいとは思っても見なかった。

このデータが示唆するものとしては、同じ人だと思ってアクセス解析しても、セッションを跨ぐ集計をする時に、結構家族で別人が混在しているということがあるということだ。一方このデータではないが、クッキー削除問題は逆で、同一人物が別のcookieになる頻度も高い場合があるということ。まあ100%の精度はあり得ない訳で、その程度のものと考えて、どう最大限活用するかしかない。
下の表は、同一人物がいろんなサイトのプロフィール登録をどう自己申告しているかの例のようだ(どういう手法で取得したのかは知らないが)、まあいい加減ということですな。私も誕生日など、基本的には適当に入力しますから。




関連リンク:

ハイブリッドなサイトユーザー計測(ネット視聴率+アクセス解析)が必要な理由
英クッキー削除で、アクセス解析でのサイト利用者数は実際の2.4倍にもなっている
米有名サイトの過半数がFlash cookiesを使用、オプトアウトした積りでも追跡可能
Google AnalyticsのCookieいろいろ
新機種でiモードブラウザがJavaScriptとCookieに対応
Yahoo! Japanの月間ユニーク・ブラウザ数、1.9億人突破。そもそも何故日本の人口より多いのかって?
IABのAudience Reach Measurement Guidelines原案は結構曲者だ
アクセス解析のデータに完璧はないが、その要求が生き続けている
IPアドレスで利用者数をカウントすると、米国では5倍水増しになる
クッキー削除率(米国)
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]