YouTubeでコンバージョン獲得が狙える「TrueViewアクションキャンペーン」とは?

今回は、YouTube広告の「TrueViewアクション」について解説します。TrueView アクションキャンペーンはコンバージョン獲得を目的とした広告配信です。最近ではコンバージョン獲得目的の動画広告でも成果が出やすくなってるため、始める上での理解は必要不可欠です。ぜひ一度ご覧いただき、今後の参考にしてみてください!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

動画広告に対して、多くの方は「認知目的」「予算が桁違いに大きい」「予算以外にもコストがかかる」というイメージを持っているのではないでしょうか。

確かに以前まではそうでしたが、最近ではコンバージョン獲得を目的とした広告配信でも成果が出やすくなっています。それが YouTube で配信可能な「TrueView アクション」というキャンペーンを用いたものです。

TrueView アクションキャンペーンは、2022年初頭に動画アクションキャンペーンにアップグレードされると発表されています。今後その中に含まれることになる TrueView アクションの理解は、動画広告を始める上で必要不可欠です。

そこで今回は、コンバージョン獲得が狙える動画広告である「TrueView アクション」を中心に解説します。

今まで、動画広告に対して着手しづらいイメージをお持ちだった方も、この記事を読んで YouTube の TrueView への理解を深め、配信までできるようになってもらえれば幸いです。

TrueView の定義と種類

TrueView アクションの説明の前に、まずは TrueView の定義を説明します。TrueView とは YouTube 動画の前に流れる動画広告の中でスキップ可能なものを指します。

指定のキャンペーンもしくは、その下の階層にある広告フォーマットを選択することによって、TrueView が使えます。

キャンペーンとしては TrueView アクションと、TrueView リーチがあります。アクションはユーザーの行動(リンクのクリックや Web サイト上での行動)を促すもので、リーチは認知を目的としているものです。

また、ショッピング広告向けの TrueView ショッピングというものもありますが、これはあくまでも Merchant Center を利用したショッピング広告向けのキャンペーンになります。

参考:ショッピング向け TrueView キャンペーンを作成する|Google 広告 ヘルプ 

また広告フォーマットでは TrueView ディスカバリー広告、TrueView インストリーム広告があります。

TrueView ディスカバリー広告は、YouTube の関連動画の横や検索結果部分など、動画コンテンツを探している際に配信できます。

TrueView インストリーム広告は、YouTube 以外の、Google ディスプレイ ネットワーク上のサイトやアプリに配信されます。

YouTube 広告 TruevVew の分類

動画広告でもコンバージョン獲得できる TrueView アクションとは

TrueView の中でもコンバージョンを獲得できるのが TrueViewアクションキャンペーンです。

TrueView アクションキャンペーンは、YouTube や動画パートナーサイトで配信できる、見出しや行動を促すフレーズが付いたクリック可能な動画広告を指します。

TrueView アクションキャンペーンを用いることで、動画広告を見て興味関心を持ったユーザーに対して、サービスの見積り依頼をしたり、商品をカートに追加したりすることを促せます。

YouTube を利用される方はよく目にすると思いますが、動画の冒頭や途中に表示され、5秒間閲覧した後にスキップ可能なものになっています。

TrueView アクションキャンペーンの特徴は3つ

TrueView アクションの特徴は主に3つあります。

まず1つ目は、動画広告からサイトへの導線があることです。動画広告は閲覧させて終わりというイメージがあるかもしれませんですが、TrueView アクションは動画閲覧後や途中でサイトに誘導する為の仕組みがあります。

例えば、行動を促すフレーズの見出しやボタンの設置、動画の枠外に表示されるコンパニオンバナーという画像、指定のリンクへ遷移させることができるサイトリンクなどがあります。

 

これらを利用することで、ユーザーにおこなってもらいたい行動を促します。その他の機能については、後ほどご紹介します。

2つ目は、機会学習を使用することにより、コンバージョン獲得の最大化に即した入札戦略を使用することができる点です。検索キャンペーンやディスプレイキャンペーンでも設定できる、目標コンバージョン単価とコンバージョン最大化という自動入札機能を使用できます。

3つ目は、コンバージョンする見込みが高いユーザーのターゲティングが可能な点です。こちらもディスプレイキャンペーンで設定できるリマーケティングやカスタムオーディエンスなどの、よりコンバージョン獲得を狙えるターゲティングを TrueView アクションでも利用することができます。

TrueView アクションを成功させるために重要なこと

冒頭でコンバージョン獲得ができる動画広告とご紹介しましたが、ただこのメニューを使って配信していけば成果が得られるというわけではありません。そこで成果を出すために押さえておきたいことを説明します。

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]