グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第108回 Googleのサーバークラスターのメモリー圧縮機能(パート2)

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第108回 Googleのサーバークラスターのメモリー圧縮機能(パート2)」を公開しました。

###

はじめに
 前回に続いて、2019年に公開された論文「Software-defined far memory in warehouse-scale computers」に基づいて、Googleのサーバークラスターで用いられる独自のメモリー圧縮機能について解説していきます。これは、長期間アクセスされていないデータをメモリー上で圧縮することにより、利用可能なメインメモリーを増加するというもので、「far memory」と呼ばれるメモリーアーキテクチャーから着想を得た仕組みになります。

プロモーションレートのSLO設定
 前回の記事では、「長期間アクセスされていないデータをメモリー上で圧縮する」際に、具体的に何秒間アクセスがなかったものを対象とするかを決める必要がある点を指摘しました。前回の図1に示したように、この時間Tが小さすぎると、圧縮したデータへのアクセスが頻繁に発生して、アプリケーションの処理速度が大きく低下してしまいます。圧縮済みのデータ全体において、1分以内にアクセスが発生するデータの割合を「プロモーションレート」と呼びますが、このプロモーションレートを一定以下に抑える必要があります。Googleのエンジニアは、適切なプロモーションレートを見つけるために、実環境を利用した1ヶ月にわたる検証(A/Bテスト)を行いました。その結果、プロモーションレートが0.2%以下であれば、データの圧縮・解凍処理が実行中のアプリケーションに及ぼす影響は、ほぼ無視できる範囲に収まることが分かりました。そこで、プロモーションレートを0.2%以下に抑えることをSLO(Service Level Objective)として、このSLOを満たすためのシステム設計を行いました。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai2108.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]