コンバージョン目的で成果を出すTwitter広告の始め方。意識すべき3つのポイントとは

Twitter 広告の始め方に加え、コンバージョンをきちんと獲得するために意識する3つのポイントを解説しました。Twitter 広告は他媒体に比べ二次拡散性が高く、独自のターゲティングがあることが特徴です。このメリットを存分に活かし、コンバージョン獲得を狙ってみてはいかがでしょうか。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

僕を含めて運用担当者というのは、これまで手を出したことのない広告媒体を初めて配信するときには不安になるものです。それは順調に配信開始できるかという点だけではなく、きちんと成果を出せるのかという点にまで及びます。

今回は Twitter 広告の始め方を紹介していくのですが、始めるだけではなくコンバージョンをきちんと獲るための情報を添えてみました。

初めて Twitter 広告を配信する方は成果がでないのではと不安に思うかもしれませんが、この記事に沿って設定すれば問題なく配信開始ができるはずです。ぜひ参考に準備してみてください。

Twitter 広告とは

Twitter 広告とは、Twitter のタイムラインや検索結果に出すことができる広告です。

プロモ広告(旧プロモツイート)、フォロワー獲得広告(旧プロモアカウント)、Twitter テイクオーバー(旧プロモトレンド)、Twitter Amplify、Twitter ライブという5種類のカテゴリーがあり、その中に22種類の広告フォーマットが用意されています。それぞれユーザーへの見え方や表示される場所が異なります。

Twitter 広告の基本的なことに関しては以下の記事で解説しているので、よろしければご覧ください。

 

【画像で解説】Twitter広告とは?費用やターゲティング方法と活用事例を徹底解説

他媒体と比べたときのメリット

Facebook 広告などの他 SNS 広告に比べて、Twitter 広告が優れている点を3つ紹介します。

1.二次拡散性が高い

Twitter 広告最大の特徴は二次拡散性が高いことです。二次拡散されたツイートには広告費がかかりません。

二次拡散とは、元となるツイートをフォロワーがいいねやリツイートをし、さらにそのツイートをタイムライン上で見た、元ツイートをした人をフォローしていないフォロワーがツイートをいいねやリツイートをして拡散されることです。

 
Twitter 二次拡散のイメージ

二次拡散が起こりやすい理由は、他ユーザーのツイートをそのまま投稿する「リツイート」と呼ばれる機能やコメントをつけて共有することができる「引用リツイート」、自分がいいねを押したツイートがフォロワーのタイムライン上に共有される仕様があるためです。

2.ターゲティング別に細かく分析できる

Twitter 広告では、1つの広告グループに興味関心などのターゲティングをまとめて設定しても、1つ1つのパフォーマンスを確認することができます。

Twitter 広告管理画面 > オーディエンス

当たり前だろうと思われるかもしれませんが、Facebook 広告では広告セット(Twitter 広告でいう広告グループ)にまとめて設定した興味関心などのデータは、細分化してみることができません。

データを細分化して見ると複数のターゲティング設定をしているときに、成功しているターゲティングと失敗しているターゲティングを的確に選別できます。改善へのアクションプランが明確になるので、誤った選択を防ぐことができます。

Facebook 広告のように細分化できないと、どこが悪かったのかが不明確なため、次のアクションが思いつきづらいのです。

3.Twitter にしかできないターゲティングがある

Twitter 広告では、属性ターゲティングやリターゲティング、興味関心ターゲティングなどの基本的なターゲティング以外にも、キーワードターゲティングなどの独自のターゲティングが用意されています。

その中でも特に「フォロワーターゲティング」は成果を出しやすいターゲティング手法です。

フォロワーターゲティングとは、任意で設定したアカウント(ハンドル)をフォローしている人もしくは、そのフォローしている人に似ている人をターゲティングする手法のことです。

Twitter フォロワーターゲティングのイメージ

フォローしているということは、そのアカウントの発信する情報を今後もチェックしていきたいという意思表示と考えられます。

したがって、そういった情報を広告として流せば、そのフォロワーはコンバージョンする確率が高いと考えられます。フォロワーターゲティングについては、以下の記事で詳しく説明しています。

Twitter広告のフォロワーターゲティングとは?成功事例と活用方法まとめ

コンバージョン獲得で成功した際に意識した3つのポイント

Google や Yahoo! の検索広告と比べると、Twitter 広告の CPA は高くなる傾向にあります。しかし、高くなるといっても2倍も3倍も高くなるということはありません。

僕が実際に運用させていただいて、コンバージョンが低単価で獲得できた事例があるので、ご紹介します。以下はそれぞれ BtoC、BtoB ビジネスでの事例です。

媒体広告メニューCPA
Google 検索固有名詞、一般名詞4,474円
Google ディスプレイリマーケティング1,114円
Twitter 広告フォロワーターゲティング5,811円

BtoC (実際の配信結果を参考に作成したイメージ)

 

媒体広告メニューCPA
Google 検索固有名詞、一般名詞8,164円
Google ディスプレイリマーケティング7,277円
Facebook 広告リターゲティング、メールアドレスの類似13,856円
Twitter 広告フォロワーターゲティング11,875円

BtoB(実際の配信結果を参考に作成したイメージ)

 

実際の配信結果を参考に作成したイメージではありますが、他の広告媒体と比べても、CPA が著しく高騰することはないことがお分かりいただけるかと思います。

このときの設定方針を3点にまとめました。初めて Twitter 広告を配信される方はぜひ参考にしてみてください。

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ユーザビリティ
一般的には、Webサイトやソフトウェアなどの操作性や使いやすさを示す言葉。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]