検索クエリとキーワードの違いとは?検索意図に応じた3つの分類とリスティング広告へ活かす方法を紹介

今回の記事では、検索クエリの定義から説明し、検索意図を活用して広告を改善する方法までをご紹介します。あわせて、混同しやすい”キーワード”との違いも解説しました!検索クエリとは、ユーザーが検索したときに実際に使用した単語や単語の組み合わせのことをいいます。しっかり分析してユーザーニーズを理解することで、結果的に CPA 改善に繋がります!地道な作業ですが、この機会にぜひ挑戦してみてください。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

こんな悩みをお持ちではありませんか?

「リスティング広告の CPA がなかなか下がらない」
「検索ユーザーの求めているものがわからない」

実は Google 広告管理画面や、Google サーチコンソールでみることができる検索クエリは、このような悩みを解決するためのヒントが多く隠されています。

検索クエリを理解し、分析することで、検索ユーザーの真のニーズを把握することができるのです。

この記事では、検索クエリの定義から説明し、最終的に検索ユーザーの求めているものを理解して、広告を改善する方法までを解説します。

検索クエリとは?

検索クエリとは、ユーザーが検索したときに実際に使用した単語や単語の組み合わせを指します。「クエリ」や「検索クエリ―」、「検索語句」とも言われます。

インターネットユーザーが検索したキーワードのことを「検索クエリー」と呼びます。どのキーワードで広告が引き当てられたかは、検索クエリーレポートで確認できます。

引用元:検索クエリーレポート|Yahoo!広告ヘルプ

検索語句とは、Google 検索や検索ネットワークのサイトでユーザーが検索に使用した語句のことです。

引用元:検索語句レポートについて|Google 広告ヘルプ

キーワードとの違い

検索クエリと混同しやすい言葉に「キーワード」というものがありますが、検索クエリとはやや意味が異なります。

検索クエリはユーザーが実際に検索した単語や単語の組み合わせです。一方で、キーワードは広告運用者やマーケティング担当者が広告掲載などで用いる単語や単語の組み合わせです。

検索クエリには、誤字脱字や表記ゆれなども含まれますが、キーワードはそのもので意味が通るようになっています。検索ユーザーによっては、単語の組み合わせよりも長い文章のようになるケースもあるので注意が必要です。

検索クエリからわかる「ユーザーニーズ」

検索クエリは実際にユーザーが使用した単語や単語の組み合わせであるため、検索意図を理解することで、その先に真のユーザーニーズを推測できます。

例えば「トレーニング 銀座」という検索クエリであれば、銀座でトレーニングできる場所やジムを探しているということが予測できます。

さらに、自社へ訪問する検索ユーザーの検索クエリの変化をチェックしていくと、市場の流れもわかってきます。

例として、銀座でスポーツジムを運営している企業(※オンライントレーニング事業は行っていない)の集客を仮定します。従来は「トレーニング 銀座」「銀座 パーソナルトレーナー」などから体験申込が多く発生していました。

しかしインターネットを使ったサービスが増える中で、「トレーニング 自宅」や「トレーニング オンライン」といった検索クエリでサイトへ流入するユーザーが増え、体験申込の数も増えたとします。

このようにサイトへ流入する検索クエリの変化を分析することで、実店舗のみの事業だけでなく、オンラインの事業の可能性も見いだせることができます。

こういったビジネスチャンスの発見にも繋がるため、検索クエリは重要と言えるでしょう。

検索意図に応じた3つの分類

Google の科学者であり、Yahoo! のリサーチフェローでもあった Andrei Broder は、2002年に “A taxonomy of web search” という研究結果を発表しました。その中で検索クエリを3つに分類しています。

分類定義別名
ナビゲーショナルクエリ特定のサイトを訪問したいという意図の検索クエリ・株式会社キーワードマーケティング
・Google 広告
・案内型クエリ
・Go クエリ
インフォメーショナルクエリ1つないし複数の Web サイトで情報を得ようとする意図の検索クエリ・Web 広告 とは
・Web 広告 はじめ方
・Web 広告 コツ
・情報型クエリ
・Know クエリ
トランザクショナルクエリWeb 上で何かしらのアクションを実行しようとする意図のある検索クエリ・Web 広告 問い合わせ
・Web 広告 資料ダウンロード
・取引型クエリ
・Do クエリ

ナビゲーショナルクエリは、特定のサイトへ訪問したいという検索意図があります。指名検索とも呼ばれ、企業や商品・サービスの認知度が高いと、このナビゲーショナルクエリはよく検索されるようになります。

インフォメーショナルクエリは、情報収集を目的とした検索クエリです。ユーザーの検索で一番頻度が高い種類になります。

最後に紹介する、トランザクショナルクエリは Web 上で何かしらのアクションを実行したいという意図のある検索クエリになります。

ポイントは「Web 上」という点で、検索ユーザーがおこなうアクションが Web 上であるかないかで、その検索クエリがトランザクショナルに分類されるか、インフォメーショナルに分類されるか異なります。

例えば「PC モニター 通販 購入」という検索クエリであれば、Web 上で購入することが想定されるので、トランザクショナルクエリになります。

対して「PC モニター 接続方法」であれば、Web 上ではなく、実際にリアルな世界で行動をすることになるので、 インフォメーショナルクエリになります。

以上3つの分類を解説しましたが、少しわかりにくいものもあります。

例えば「キーワードマーケティング」という検索クエリは、検索によっては弊社キーワードマーケティングを探している場合はナビゲーショナルクエリになり、キーワードマーケティングというキーワードを活用したマーケティング手法を検索している場合は、インフォメーショナルクエリにもなり得ます。

この分類をもとに検索意図を考え、ユーザーニーズを推測してみましょう。

検索クエリの調べ方

以下の広告管理画面やツールなど、それぞれでの検索クエリの確認方法を説明します。

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トラフィック誘導
「トラフィック誘導(traffic sourcing、トラフィックソーシング)」 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]