CRMツールの最新相場調査:2021年4月版

顧客との関係性を築いていくために欠かせないCRM。Webマーケティングではもちろん、営業活動やカスタマーサポートにおいても重要です。顧客に関する膨大な情報を集約し、一人ひとりに適切なアプローチを行うために役立つのが、CRMツール。本記事では、主要なCRMツールの特長と相場感を調査しました。また、CRMツール選びに欠かせない、ツールのタイプや選び方のポイントもまとめています。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

そもそもCRMとは?ツールでできること

CRMとはCustomer Relationship Managementの略で、直訳すると顧客関係管理。顧客との関係性を良好に育んでいくことを指します。

CRMにおいては、顧客に関する情報を収集し、顧客一人ひとりの状況に合わせ、適切なタイミングで適切な情報を適切な方法で提供することが重要です。そこで活躍するのが、CRMツールです。

CRMツールの機能は、ツールごとにさまざまですが、大きく次のようにまとめられます。

  • 顧客情報の集約:営業・カスタマーサポートなどで取得した顧客情報を集約する。また、外部システムやツールと連携して情報を集約
  • 顧客情報の共有:チームのメンバー同士、組織の部署同士で顧客に関する同じ情報を共有
  • 顧客へのアプローチの提案:集約した情報の分析にもとづき、顧客ごとに最適なアプローチの提案をする

DXの流れのなかでCRMツールも進化しており、多くのツールで

続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

VTR
同義語 の「ポストインプレッション」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]