最小限の手間でCVを獲得!Googleスマートショッピングキャンペーンとは

今回は、Google の「スマートショッピングキャンペーン」についてご紹介します。ショッピング広告の売上が最大化されるように自動で調整され、ディスプレイ広告も配信できる便利な配信メニューとなっています!通常のショッピング広告にはないメリットもあるのですが、細かい設定ができないといったデメリットもあります。あわせてご確認いただき、自分の環境と目標にあったキャンペーンを選んでみてはいかがでしょうか。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

忙しい EC サイト運用者の味方、Google の「スマートショッピングキャンペーン」をご存知でしょうか。簡単に説明すると、ショッピング広告の売上が最大化されるように自動で調整され、ディスプレイ広告も配信できる便利な配信メニューです。

ただし、配信を細かくコントロールしたい人にとっては、デメリットになる部分もあります。この記事ではスマートショッピングキャンペーンについて、概要からメリットとデメリット、どのような場合に使うべきかについて解説します。

スマートショッピングキャンペーンとは

スマートショッピングキャンペーンについて説明する前に、基本となるショッピングキャンペーン(ショッピング広告)について簡単に説明します。

ショッピング広告とは、小売店のために用意された Google 広告のメニューです。検索キーワードに応じて検索結果画面の上部や「ショッピング」タブなどに表示され、商品の画像や価格、色、サイズなどを見せることで商品を視覚的にアピールすることができます。

Google 検索結果に表示されるショッピング広告

ショッピング広告の詳細については、こちらの記事で詳しく説明しているので参考にしてみてください。

 

Googleショッピング広告とは?成功事例とフィード作成方法&運用で守りたい4つのポイント

そしてスマートショッピングキャンペーンとは、ショッピング広告+ディスプレイ広告の機能を持ち、ターゲティングや入札が自動で調整される配信メニューです。

ショッピング広告が配信できる状態になっていれば、スマートショッピングキャンペーンも使うことができます。ショッピング広告との主な違いは以下の通りです。

  • 配信枠・配信対象が広い
  • ターゲティングなどより広い範囲が自動化される

配信枠・配信対象が広い

従来のショッピング広告の掲載枠は基本的に検索結果画面です。設定を変更することで YouTube、Gmail、Discover にも配信することが可能です。

スマートショッピングキャンペーンはこの4つに加えて膨大な広告枠を持つディスプレイネットワークにも配信されます。

また、配信対象にも違いがあります。ショッピング広告は検索連動なので、商品と関連のある検索をおこなったユーザーにしか配信できません。

一方でスマートショッピングキャンペーンは、検索はしていないが商品を購入する可能性があると判断したユーザーに対しても広告を配信します。

「商品を購入する可能性があるユーザー」はサイト訪問者が一例として挙げられます。一度サイトに訪問しているユーザーはそのサイトの商品に関心を持っている可能性が高いので、そのようなユーザーに積極的に配信されます。

コンバージョントラッキングが自動ターゲティングの最適化の要素の1つとして説明されているので、Google のヘルプページなどでは明言されていませんが、購入済みのユーザーや購入したユーザーと同じ傾向を持つユーザーに対しても配信されると考えられます。

購入済みのユーザーに配信すると、リピート購入や別商品の購入、プレゼントとして購入してもらえる可能性があります。また購入したユーザーと同じ傾向を持つユーザーに配信すると、比較的効率よく新規顧客を獲得することができます。

スマート ショッピング キャンペーンを最適化する – Google 広告 ヘルプ

ターゲティングなどより広い範囲が自動化される

ショッピング広告でも、自動入札やキーワードのターゲティングなど一部に自動化が適用されていましたが、スマートショッピングキャンペーンでは、広告の作成、ターゲティング全般、入札価格、予算割り当てなどより広い範囲が自動化されます。

デメリットもあるが、それ以上のメリットが期待できる

上記で説明したように非常に優秀なキャンペーンメニューではあるのですが、一方で通常のショッピング広告にはないデメリットもあります。ここで改めて、デメリットとメリットを整理しておきます。

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]