LINEミニアプリとネイティブアプリはどう違うの?~それぞれの強みや併用メリットを解説

既にアプリを導入済の方も、今後導入検討予定という方も必見! LINEミニアプリとネイティブアプリ、それぞれの特徴や活用事例をわかりやすくまとめた記事をご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

店舗起点でいかに新規顧客を獲得し、それをいかに売上拡大につなげるか、オンラインとオフラインで垣根なく最適な顧客体験を提供していくか?ということが、これまで以上に重要になってきました。

小売業界においても、年々増えるスマホユーザーとのオンライン接点を獲得し、リピートにつなげるために、実店舗やオンラインで利用できるスマホ向けアプリの導入を検討する企業が増えています。
そんな中、ネイティブアプリ※とLINEのミニアプリとはどう違うのか?どちらを導入すべきか?といったお問い合わせをいただくことも多くなってきました。

そこで、LINEミニアプリとネイティブアプリの違いやそれぞれの強みやメリットをわかりやすくまとめた記事をご用意いたしました。

※ネイティブアプリとは、App StoreやGoogle Playなどのアプリケーションストア経由でユーザーがスマホにダウンロードして利用するアプリです。

▼詳細は下記よりご一読いただけます。

LINEミニアプリとネイティブアプリはどう違うの?それぞれの強みや導入メリットを解説|ソーシャルログインの導入・実装支援サービス「ソーシャルPLUS」

目次をご紹介

  • 小売業者のアプリ導入メリット
  • ネイティブアプリとLINEミニアプリとの違いやそれぞれの強みとは?
  • ネイティブアプリとLINEミニアプリのどちらを導入する?
  • ミニアプリとネイティブアプリ併用のメリット
  • PAL CLOSETの事例

▼詳細は下記よりご一読いただけます。

LINEミニアプリとネイティブアプリはどう違うの?それぞれの強みや導入メリットを解説|ソーシャルログインの導入・実装支援サービス「ソーシャルPLUS」

ソーシャルログイン・ID連携サービス「ソーシャルPLUS」について

「ソーシャルPLUS」は、ユーザーのIDとプラットフォームのIDを連携することでプラットフォーム上でのコミュニケーションを可能にし、ソーシャルログイン機能を既存のWebサイトに簡単かつ安価に導入できるサービスです。LINEやYahoo! JAPAN、Google、Appleなど、複数のプラットフォームに対応しています。

また「ソーシャルPLUS」のLINEログインオプションは、企業のLINE公式アカウントと連動するLINEログインをはじめ、LINE Profile+や自動友だち追加機能、Messaging API等、LINEを活用した顧客とのOne to Oneコミュニケーションに必要となる各種機能の導入にも対応しています。

さらに「ソーシャルPLUS」が提供するメッセージマネージャーでは、特定のユーザーに対し、ブラウザ上の操作で簡単にメッセージの送信が可能で、通常のLINEのように1:1でトークする事が可能となる「カスタマーサポート」機能も提供しています。顧客からの問い合わせや予約受付といった個別対応に活用でき、ユーザーの利便性が大きく向上します。

Webサイト:https://socialplus.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーガニック検索
検索結果ページに表示されるもののうち、検索連動型広告などの広告表示を除いた、いわ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]