Google広告審査で落ちたときにやることとは?再審査前に確認したい基準と正しい対処方法

本記事では、Google広告で審査落ちが発生してしまった際の対処手順やよくある審査落ち例をご紹介します。広告を配信する際には、その広告にポリシー違反がないかを確認する審査が行われ、「不承認」となった広告は配信することができません。審査落ちが発生してしまった方も焦らずしっかり原因を確認して対処することが重要なので、ぜひ参考にしてみてください!
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

広告を配信する際には、その広告にポリシー違反がないかを確認する審査が行われ、「不承認」となった広告は配信することができません。

この記事では、審査落ちが発生してしまった際の対処手順やよくある審査落ち例をご紹介します。審査落ちが発生してしまった方や今後 Google 広告で配信・運用する予定がある方の参考になれば幸いです。

Google 広告における審査とは

はじめにGoogle 広告でいう”審査”について説明します。

広告管理画面やエディターから広告やキーワードを入稿した際、Google が設けているポリシーに違反していないかチェックされることを審査といいます。

Google 広告の審査は、広告を入稿した時もしくは広告やキーワードを編集したタイミングでおこなわれます。審査がどのようにおこなわているのかは非公開になっています。

機械的にキーワードや表現などで審査落ちするものもありますが、一度審査を通った広告でもしばらくすると審査落ちになってしまうものもあります。おそらく人の目による確認もおこなわれいて、細心のチェックされているものだと考えられます。

運用担当者は、審査基準のおおまかな把握と定期的な確認が必要とされます。審査にかかる対象、日数、タイミングについては下記の表でご確認をください。

審査対象広告(テキスト、画像を含む全て)、
キーワード、ランディングページ
審査にかかる日数1~2営業日
※2営業日を過ぎても審査が終わっていなければ問い合わせを推奨
審査のタイミング入稿または編集時

Google 広告の審査基準

審査基準は Google 広告のポリシーとして設けられており、下記の内容となっています。大きく分けて4つあります。ここではそれぞれの項目ごとに具体例を用いて説明します。広告配信の際に参考にしてみてください。

記事の続きはこちら

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

バイラル
話題や概念が、ウイルス(virus)のように、徐々に多くの人に広まっていく様子を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]