広告運用フェーズ別の「除外キーワードの考え方」とは?マッチタイプの使い分けや4つの注意点を解説

今回の記事では広告運用フェーズ別の「除外キーワードの考え方」について解説いたします。基本・特徴はもちろん、除外キーワードを登録する際の考え方や4つの注意点をまとめました。除外キーワードとは、特定のキーワードで検索された時に広告を表示されないようにする機能です。多くの方が間違いやすい検索キーワードと除外キーワードの性質の違いはしっかり覚え、自社のフェーズを再度確認しましょう!
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません
  • コンバージョンにつながらない検索語句で広告がクリックされ費用がかさむのをなんとかしたい
  • 除外キーワード登録はできるようになったが、どうしたらもっと効果的に除外できるのか知りたい
  • 除外キーワードって何者ですか

本記事ではそんな方々のために、除外キーワードの基本から、除外キーワードを登録する際の考え方までをご紹介いたします。

除外キーワードとは

除外キーワードとは、特定のキーワードで検索された時に広告を表示されないようにする機能です。

たとえば、洋服のワンピースの通販サイトを運営する広告主 A さんがいるとします。A さんはユーザーにワンピースを購入してもらいたいですが、もし「ワンピース 最新刊」と検索した際に A さんのサイトの広告が表示されたらユーザーは購入するでしょうか。

恐らく、洋服ではなく少年漫画の方のワンピースの情報を求めているユーザーですので購入にはつながりません。そんな時に役に立つのが除外キーワード。登録することで「ワンピース 最新刊」と検索されても広告が表示されなくなるようにできるのです。

除外キーワードのマッチタイプ

続いては除外キーワードのマッチタイプについてご説明します。マッチタイプの種類によって、同じキーワードを除外しても、除外の影響範囲は大きく異なり、以下の3種類があります。

  1. 完全一致
  2. フレーズ一致
  3. 部分一致

1.完全一致

完全一致は、登録している除外キーワードとユーザーの検索語句が完全に一致した時に広告が配信されなくなります。

陥りがちなミスとして、完全一致で「最新刊」のみを除外してしまうことがありますが、この場合ユーザーが「最新刊」と検索した時にしか効果を発揮しません。

完全一致で除外する場合、表の一番左の列にある「ワンピース 最新刊」「ワンピース 最新刊 いつ」で登録しないと除外されないのでご注意ください。

検索語句/除外キーワードワンピース 最新刊最新刊
最新刊配信除外
ワンピース 最新刊除外配信
ワンピース 最新刊 いつ配信配信

完全一致で除外登録した時の例

2.フレーズ一致

フレーズ一致では、登録している除外キーワードが、ユーザーの検索語句内で全て同じ語順で使用されている場合に広告が配信されなくなります。

検索語句/除外キーワードワンピース 最新刊最新刊
最新刊配信除外
ワンピース 最新刊除外除外
最新刊 ワンピース配信除外

フレーズ一致で除外登録した時の例

3.部分一致

部分一致は、登録している除外キーワードが、ユーザーが使用した検索語句の中に全て含まれている場合に広告が配信されなくなります。語順は問いません。

検索語句/除外キーワードワンピース 最新刊ワンピース 最新刊 いつ
ワンピース 最新刊除外配信
最新刊 ワンピース除外配信
ワンピース いつ 最新刊除外除外
ワンピース 新刊配信配信

部分一致で除外登録した時の例

同じキーワードでも、よりたくさん除外されるのが部分一致、除外される検索語句が少ないのが完全一致です。

除外キーワードの4つの注意点

除外キーワードには4つの注意点があります。考え方や設定時の注意点も説明するので登録の際は気をつけてみましょう。

記事の続きはこちら

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

バイラル
話題や概念が、ウイルス(virus)のように、徐々に多くの人に広まっていく様子を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]