マーケティングオートメーションが本当に必要か判断するために必要なこと

マーケティングオートメーションが本当に必要か判断するために必要なこと
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

MA(マーケティング・オートメーション)が上手く使えない企業は多い。こんな話はもう5年以上されているのに、いまだに同じようなことが言われ続けているということは、MA導入がいまだに進化しておらず、売上・利益に貢献できていないことがよく分かる。今回は、何度も言い古されたことではあるが、再度マーケティング・オートメーションを活用するために必要な検討について考えていきたいと思う。

MA導入失敗の「あるある」

最初にハッキリと言ってしまうと、失敗する原因は『MAを導入してから活用方針を決める』ことにある。こんな話は何年も前からされていることであるが、いまだに「まず導入」してしまう企業が本当に多い。それが間違いなのだ(何度も言う)。「まず導入」してしまうと下記のような問題が起こる。

続きはこちらからご覧いただけます。「マーケティングオートメーションが本当に必要か判断するために必要なこと」

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

バイラル
話題や概念が、ウイルス(virus)のように、徐々に多くの人に広まっていく様子を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]