PageSpeed Insights で出てくる「AMP」の得点はどう考える?

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

AMPは「アンプ」と読み、”Accelerated Mobile Pages” の頭文字を採ったものです。
ざっくり言うと、スマートフォン向けに最速化したHTML技術のようなものです(HTML とは異なります)。

Google によれば、Google にアクセスしてくる端末の最多はスマートフォンであり、スマートフォンユーザーは、読み込みに3秒以上かかると、53%が離脱するという数字を挙げています。PC ユーザーよりも短気である上に、多くの場合、PC よりも貧弱な回線でアクセスすることから、この数値は重要な意味を持っています。
また、PageSpeed Insights は、そのトップページの「あらゆるデバイスでウェブページの読み込み時間を短くしましょう」と記載の通り、表示の最速化を中心に置いています。

総じていえば

 

▼続きはこちら▼
https://access-r.jp/access_report_blog/243/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]