【コンテンツマーケティング】成否を分けるコンセプト立案の鉄則

重要性を増し、事例も増えてきたコンテンツマーケティング。しかし、Googleの検索結果1ページ目は何年も前から10件で、人がサイトを見る数が大きく増えたわけでもありません。コンテンツマーケティングが注目を集めるなか、失敗事例も増えています。

数年前からコンテンツマーケティングが注目を集め、メディアサイト(オウンドメディア)を持つ企業は何倍にも増えました。
しかし、Googleの検索結果1ページ目に表示される件数は相変わらず10件で、人が記事を読む本数が大幅に増えたわけでもありません。

つまり、多くの企業がコンテンツマーケティングに注目した結果、検索結果の1ページ目に表示される難易度は上がり、読んでもらうことはそれ以上に難しくなっています。

それは、成功しているコンテンツマーケティングの何倍も、失敗した事例があるということです。

今回は、Webマーケティングメディア「Grab」編集長が、Grab立ち上げの経験をもとに、成否を分ける「コンセプトメイキング」について語ります。

>>コンテンツマーケティングのコンセプトメイキング

 

>>コンテンツマーケティングのコンセプトメイキング

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ディープリンク
WWW上でのリンクの張り方の1つ。サイトのトップページへのリンクではなく、個別コ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]