スモールスタートで、どうやってWebサイトの集客面を立ち上げていけばいいのか?

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「ヒト・モノ・カネ(・ジカン)」が、ビジネスの原資です。Webサイトを立ち上げたならば、この原資を今度は集客に最適に割り当てるにはどうすればいいかを考えるわけですが、大資本でのプロジェクト開始、最初から面を取りに行かないと勝てないサービスなどは、認知の短期的な拡大と安定を目指し、潤沢な原資で複雑かつ華々しいマーケティングの理論を現実に実行することができます。
ですが、このコラムを書いている私はかつて、ITバブルに乗って上場を果たした広告系企業の営業・マーケティング部門の役員として仕事をしておりましたが、その時でもそうしたお話に触れるのはごく限られた一部の話でした。

多くの企業においては、かなり限られた「ヒト・カネ・時間」(モノはたくさんあったりしますが)で、Webサイトのマーケティング、いや、そこまで大きな話では無く、もっと現実的な売上や集客といった結果を追っていくことになります。
正論を言えば「認知」されることで「信用」され、その信用が「売上」を生んでいきますので、認知にかけるコストが許容されれば、マーケターとしてはその後の目標へのアプローチが楽になります。しかしながら、それを許容できる広告宣伝費を持っていない状況が一般的です。
つまりは、市場を作っていく(ニーズを作っていく)取り組みではなく、すでに存在している市場に自社の製品、サービスを食い込ませていく戦略を考えることになるのですが、調査費などあるはずもありません。

多くのマーケターは、会社から「市場のことは大体分かってますよね?いけますよね?」という”即戦力”を期待されているわけです。

即戦力であるインターネットマーケターの方々には、このコラムはあまり意味が無いのですが、上記の状況に(悪い意味で)ハマってしまっている方に、以下の様な進め方をお勧めします。

 

▼続きはこちら▼
https://access-r.jp/access_report_blog/126/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キャンペーン
企業の広告宣伝や販促などの目的で、ある切り口で、ある期間に、あるテーマ・メッセー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]