ECカートへの決済サービスの導入方法

ECカートのタイプ別のメリット・デメリットや、決済サービス導入時の注意点をわかりやすく解説します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

cart_main.png

ECサイトを構築する際には、ECサイトの構築方法と決済方法の検討が必要です。本記事では特にECカートを利用してECサイトの構築を検討している事業者様を対象に、ECカートのタイプ別のメリット・デメリットや、決済サービス導入時の注意点をわかりやすく解説していきます。

この記事のポイント

ECカートへ決済サービスを導入する際には、どのような点に注意して選べばよいのでしょうか。以下の3つのポイントに分けて解説します。

1.そもそもECカートとは
2.自社に合ったECカートを知る
3.決済サービス導入時におすすめの導入方法と注意点

1. ECカートとは

1-1. ECカートの機能

ECカートとは、ECサイトの運営に必要な一連の機能が備わっているサービスのことです。基本的な機能としては下記が挙げられます。

・商品情報や商品一覧の表示
・配送先、配送方法を指定・顧客・販売管理
・購入者への注文確認連絡

ECサイトを自社で構築するフルスクラッチと比べ、構築にかかる費用と時間が少ないことがメリットといえます。そのため比較的早く、低コストでECサイトを立ち上げたい事業者に適している構築方法です。

→続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーバーチュア
検索連動型広告(PPC広告)の「スポンサードサーチ」やコンテンツ/行動連動型広告 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]