世界各国の消費税事情 ~税率の高い国、低い国~

消費税率10%に引き上げられましたが、世界各国と比較すると、どうなのか調べてみました。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。


消費税が2019年10月より、8%から10%に引き上げられましたね。
皆さん、キャッシュレス決算/ポイント還元/イートイン/持ち帰り。などなど。
10%と8%の区分けが少し面倒ですが、新しいシステムにはもう慣れましたか?
この消費税。おそらく私たちの日々の生活の中やビジネスシーンで、もっとも身近な税制度だと思います。今回はそんな消費税のお話を少し。

 

そもそも「消費税」とは?

まず最少にそもそも「消費税」ってどんな税制度なんでしたっけ?

『消費税は、商品・製品の販売やサービスの提供などの取引に対して広く公平に課税される税で、消費者が負担し事業者が納付します。消費税(6.3%)が課税される取引には、併せて地方消費税(1.7%) も課税されます。』
国税庁 消費税の仕組み 平成30年度版 より引用 

と定義されています。
世界で初めて付加価値税(VAT)を1954年にフランスで導入されました。これが消費税の源流とされています。
日本では、1989年に初めて導入されて以来、今回で3度目の増税で初めて2桁の税率に達しました。

 

消費税10%って高いの?低いの?

今回の消費税アップ。商品を購入すると価格の10%の消費税がかかる事になりますが、これって皆さんは「高い」と思いますか?「低い」と思いますか?消費税のとらえ方はそれぞれかと思いますが、参考までに世界各国の消費税についてみてみましょう。

 

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l006_202001.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

メタデータ
「データのデータ」。あるデータや情報の属性や特徴を表す付随的な情報を指す。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]