活用できてる?サイトリニューアル時にCMSを導入してサイト価値を高める方法

サイトリニューアルを進める過程で重要なCMSの選定。CMSの選び方や注意点、おすすめCMSなどを丁寧に解説して行きます!
よろしければこちらもご覧ください

サイトリニューアルはCMSを導入・乗り換えるには、絶好のタイミングです。
CMSを導入すれば、コンテンツの更新が簡単になったり、自分で新規のページを作成することができます。

しかし、CMSのメリットをフルに活用できているホームページは意外と多くありません。
それはなぜでしょうか?

原因は「CMSを活用してできることをしっかり理解していない」ことです。

本記事では、下記のポイントに触れながらCMSをしっかり活用するための方法をご紹介します!

  • そもそもCMSとは何か?
  • 自社のサイトにあったCMSの選び方
  • CMS導入の手順

これからサイトリニューアルを進めていく方やCMSの導入を検討されている方は、ご覧ください!

本記事の目次は下記の通りです。

  • 1. CMS(コンテンツマネジメントシステム)とは何か?
    • 1-1. CMSとは?コンテンツの導入をサポートするツール
    • 1-2. CMSを入れることの目的とは?メリット・デメリットを解説
    • 1-3. 有名なCMSの種類と違い。WordPressが世界的シェアを占める
  • 2. 自社サイトに最適なCMSの選び方
    • 2-1. 目的にあったCMSになっているか
    • 2-2. 自社の目的を実現できる機能・カスタマイズ性はあるか
    • 2-3. 価格・料金は予算にあっているか
  • 3. 目的別のオススメCMSガイド
    • 3-1. コーポレートサイト向けCMSと選定ポイント
    • 3-2. オウンドメディア向けCMSと選定ポイント
    • 3-3. ECサイト向けCMSと選び方選定ポイント
  • 4. サイトリニューアル時のCMS化のフローと費用を解説
    • 4-1. 要件定義(CMS化したいページの選定)
    • 4-2. 既存コンテンツの移管
    • 4-3. 社内体制の構築・運用マニュアルの整備
    • 4-4. サイトリニューアルのCMS化にかかる費用相場
  • 5. 【コラム】サイトリニューアル時のCMS化を制作会社に外注する際の注意点
    • 5-1. CMS化する目的やCMS化したいページをはっきりと伝える
    • 5-2. 運用契約をしっかり定めておく
  • 6. サイトリニューアルにおけるCMS活用まとめ
    • 6-1. CMSを使ったサイトリニューアル。どこに依頼すれば良いの?

記事の本編はこちらから読むことができます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス