企業イメージを変えるWebフォントの使い方

今回はフォントのなかでも、ホームページに用いられる「Webフォント」についてお話してみます。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ホームページには必ず文字(テキスト)が記載されていますが、この文字にもデザインがあることをご存じでしょうか?
 

この文字デザインのことを、「フォント」といいます。多くの人はあまり気にせず感覚的に捉えられていると思いますが、フォント一つで閲覧者に与える印象は大きく異なります。

今回はフォントのなかでも、ホームページに用いられる「Webフォント」についてお話してみます。
 

目次

Webフォントとは?

フォントが与える印象

Webフォントのメリット・デメリット

Webフォントサービスの種類

まとめ

詳細はこちらから↓(全文無料)
企業イメージを変えるWebフォントの使い方

【こちらもおすすめ】
BtoB企業におけるTwitterの活用方法とおすすめのアカウントをまとめました!

 

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーバーチュア
検索連動型広告(PPC広告)の「スポンサードサーチ」やコンテンツ/行動連動型広告 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]