自然で流暢な機械翻訳、Amazon Translateについての考察

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Amazon Translateが昨年2018年に発表されました。
自然で流暢な機械翻訳です。
ニューラル翻訳のテクノロジーで実用性の高いシステムとして、グローバル展開している超大手翻訳ローカライズ企業のライオンブリッジやワンアウアトランスレーションも提携しているようです。

大手翻訳会社がAmazon Translateを使用すると宣言していることから、この翻訳サービスへの期待は高まると思われます。
実際、アマゾンもAmazon Translateを発表したSan Francisco Summitにおいて、「グローバルに成長を遂げている市場において効果的にコミュニケーションを行うことを目的とする」と言っています。

今までのような翻訳者による人の翻訳では、翻訳~レビューを含め3~4日を要していたボリュームの翻訳が一瞬でできてしまうことは魅力です。
また、コミュニケーションのスピードも以前とは違います。
必要なタイミングで言語の壁を越えて、今すぐコミュニケーションが求められているからです。
実際...

 

▼詳しくはこちらから▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l005_201905.html

 

     

    よろしければこちらもご覧ください
    この記事が役に立ったらシェア!
    メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
    メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

    人気記事トップ10(過去7日間)

    今日の用語

    VTR
    同義語 の「ポストインプレッション」を参照 ...→用語集へ

    インフォメーション

    RSSフィード


    Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]