マーケティング担当者が陥る「相関関係の落とし穴」

マーケティング担当者が陥る「相関関係の落とし穴」
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

データドリブンなマーケティングを求められる現代において、多くのマーケティング担当者はデータから様々な相関関係を見つけ出そうと奮闘する。

どの指標が上昇するとCVが向上するのか?を常に探し続けているマーケティング担当者は多いはずだ。このCVの向上に強い影響を与える指標を発見することができれば、その指標を向上させる適切な施策を実施すれば、CVが向上すると考えられるからだ。

しかし、その相関関係を見つけてしまうと、殆どのマーケティング担当者は冷静さを忘れてしまう。その相関関係の発見に気持ちが高ぶり、その相関関係が本物かどうかの確認を怠ってしまうのだ。

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]