マーケティング担当者が陥る「相関関係の落とし穴」

マーケティング担当者が陥る「相関関係の落とし穴」
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

データドリブンなマーケティングを求められる現代において、多くのマーケティング担当者はデータから様々な相関関係を見つけ出そうと奮闘する。

どの指標が上昇するとCVが向上するのか?を常に探し続けているマーケティング担当者は多いはずだ。このCVの向上に強い影響を与える指標を発見することができれば、その指標を向上させる適切な施策を実施すれば、CVが向上すると考えられるからだ。

しかし、その相関関係を見つけてしまうと、殆どのマーケティング担当者は冷静さを忘れてしまう。その相関関係の発見に気持ちが高ぶり、その相関関係が本物かどうかの確認を怠ってしまうのだ。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

インタースティシャル広告
ページ移動時にページとページの間に独立ページとして表示する広告のこと。スプラッシ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]