なぜ、マーケティング戦略における「差別化」だけではリーダー企業に勝てないのか?

なぜ、マーケティング戦略における「差別化」だけではリーダー企業に勝てないのか?
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

チャレンジャー企業が同業界のリーダー企業に勝つためのマーケティング戦略と言えば何を思い浮かべるだろうか?
また、リーダー企業がチャレンジャー企業の攻撃に対してどのように対応するのがマーケティング丄、正しいとされると言われているだろうか?おそらく多くの人が想い浮かべるのは、チャレンジャー企業は「差別化戦略」によりリーダー企業を攻撃し、リーダー企業は「同質化」によりチャレンジャー企業の攻撃から身を守るという戦略だろう。例えば、チャレンジャー企業が「ドライビール」を出して差別化してきたら、リーダー企業も「ドライビール」を発売することで「同質化」するということだ。

そのため、多くのチャレンジャー企業は差別化に躍起になる。しかし、多くの場合チャレンジャー企業の「差別化戦略」はリーダー企業の「同質化」によって勢いを失うものだ。なぜなら、「模倣されない差別化になっていない」からだ。多くの場合、リーダー企業は多くの差別化戦略に対して同質化によって対応が可能だ。言い方を変えれば、「模倣されない差別化」は現実的には達成が非常に難しいのだ。

続きはこちらからご覧になれます

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]