音声AIで報告業務を省力化! 対話型音声入力の課題を解決する“音声入力型RPA”という発想

アステリアでは各製品ホワイトペーパー、解説書、講演資料などをご提供しています。今回は、業務の省力化に音声入力を活用する手法をご提案します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

業務の効率化や新たな付加価値創造につなげるべく、日々の営業活動によって得られたデータをCRMに蓄積し、顧客分析などに役立てているケースが増えています。ただし、商談内容をどこかで入力する必要があり、結果として現場に多くの負担を強いてしまうことも。このような報告業務における情報を負担なくデジタル化する新たなアプロ―チとして登場したのが、音声による対話形式でデジタル化が可能な“音声入力型RPA”です。今回はこの音声入力型RPAと呼ばれるアプローチが大きく注目されている理由について迫ってみます。

社外での報告業務、担当者に強いる入力業務

営業担当者をはじめ客先に出向く機会の多い従業員のために、事務処理も含めた業務を社外から行える環境を整備している企業が増えています。しかし日々の業務に忙殺されている現場にとって、日報作成はとにかく時間がかかる業務の1つ。口頭での報告も可能ですが、デジタル化されていない口頭での情報では、後から活用するのは困難です。報告内容を分析して業務の効率化や売上増加につなげるためには、何らからの形で報告内容をデジタル化する必要があります。 

音声でデータ登録できると理想、でも現実は・・・

最近では、入力の手間をできる限り軽減するべく、ビジネスチャットを利用して必要な情報をボットの指示で入力していく「チャットボット」の仕組みも登場しています。ただし、チャットボットを利用しても、必要な項目は全て入力する必要があり、日報を作成する手間が劇的に効率化されるわけではありません。 

そこで注目されているのが、入力せずに情報がデジタル化できる“音声”による情報入力です。

▼続きはこちらのサイトでご覧いただけます
https://www.asteria.com/jp/warp/blog/20181210/35430.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

キャンペーン
企業の広告宣伝や販促などの目的で、ある切り口で、ある期間に、あるテーマ・メッセー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]