ライブストリーミングで遅延が発生する原因とは?|動画配信の処理毎に解説

配信された動画が視聴者に届くまでのプロセスごとに、遅延が発生する箇所や、遅延を最小限に抑えたライブストリーミングを実現するポイント等を解説しています
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ライブストリーミングで遅延が発生する原因とは?

近年ビジネスの様々なシーンでライブストリーミングが活用されています。

教育コンテンツや企業説明会の配信、商品をリアルタイムで販売するライブコマースや、建設現場のドローン映像配信など、ライブ配信の活用領域は多岐に渡ります。

こうした動画のライブストリーミングにおいて「遅延」の発生はユーザーの離脱に繋がる為、「遅延」をなくすことが重視されていますが、そもそも「遅延」は、どこでどのように発生するのでしょうか。

配信された動画が視聴者に届くまでのプロセスごとに、遅延が発生する箇所や遅延を最小限に抑えたライブストリーミングを実現するポイント等を解説していきます。

 動画配信の処理毎に解説|遅延が発生する原因とは>>

動画配信の処理プロセス 動画配信の処理プロセス

【1時間で学ぶ】低遅延ストリーミングを学ぶセミナー開催中

 セミナーお申込み・詳細>>

本セミナーでは、動画配信における課題を整理するとともに、WebRTCの活用で遅延を最小限に抑えた動画配信の方法をご紹介します。

低遅延ライブストリーミングを実現する方法を知りたい方はもちろん、動画のライブストリーミングをどのようにビジネスに活用できるのか知りたい、といった方の情報収集の場としても是非ご活用ください。

※ご希望がありましたらセミナー後に個別にご相談頂くことも可能です。

【日  時】2018年12月14日(金)16:00 ~17:00(15:45 受付開始) 
【会  場】株式会社サムライズ セミナールーム(品川区大崎)<MAP>
【参加費】無料(事前登録制)

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

重複コンテンツ
同じドメイン名内、または他のドメイン名にわたって存在する、「内容は同じだがURL ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]