なぜ、優秀なアスリートはビジネスでも優秀なのか?実践してみてわかったこと。

なぜ、優秀なアスリートはビジネスでも優秀なのか?実践してみてわかったこと。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「スポーツ能力の向上」と「仕事の成果の向上」は似ていると言われます。実際に、優秀なスポーツ選手がビジネスにおいても高い成果を上げる場合がありますね。
私なりにその原因を考えてみると、やはりスポーツとビジネスには目標を達成するための考え方が似ている部分があるからだと思います。
近年、ビジネスにおいても「KPI」という言葉がよくつかわれるようになりました。いくつかの要素で一定以上の数値を達成することが出来れば、最終目標となる数字を達成することが出来るはずという理論に立っています。
この考え方は、昔からスポーツ界ではごく普通の考え方であり、ほとんどのアスリートが実践していることでもあります。例えば、マラソン選手で心拍数を計測していない人なんていません。人間の心拍数はそもそも限界があるわけなので、どれだけ心拍数を上げずに早いタイムを出すかがKPIになるわけです。アスリートは常に心拍数とタイムを計測することで、自分自身がどれだけ成長しているのかをモニタリングしているわけです。そして、それら数値を向上させるためにトレーニングを工夫しています。ビジネスでも同じですよね。企業が成長するために、少ないコストで大きな売上を上げるために様々な工夫をしているわけです。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CVR
顧客転換率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。 CVR ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]