「Web担当者はGoogle Search Consoleを絶対的に使うべき」~業者の話を聞くよりいいかも~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

「Web担当者はGoogle Search Consoleを絶対的に使うべき」

私のコラムがトランスネットで公開されました。興味がある方はご覧ください。

###
このコラムを担当する吉政創成の吉政でございます。トランスネットのマーケティング支援を行っているご縁から、このコラムを連載しています。今回は「Web担当者はGoogle Search Consoleを絶対的に使うべき」と言うタイトルで書きます。

「Google Search Console」というツールを使ったことはありますでしょうか?

「昔使ってました!」という方は、あまりに指摘が細かくてやめてしまった方も多いのではないでしょうか?

中国を除く世界各国で90%以上検索エンジンシェアを持つGoogleにおける検索順位はとてもWebマーケティングにおいて重要になりました。日本においては99%のモバイル検索がGoogleになるという、Google色が最も強い国になりました。

Webマーケティングにおいて重要なGoogle検索順位ですが、「Google Search Console」が登場する前までは、何が正しいかよく理解されていない状況が続いていました。Googleも検索順位に重要な要素をあまり明確にしなかったからです。その状況を利用して様々なWebマーケティング会社が自身の経験に基づいた持論を展開していました。結果的にGoogleから見てよくないとされている手法を導入した企業も多かったです。例えば、以前はよくつかわれていて、今は禁じ手になっている以下の方法などもそうです。もし、今以下のような提案をしている業者がいたら、ちょっと注意したほうがいいです。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/2018/07/11/colys_google-search-console/

 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

バイラル
話題や概念が、ウイルス(virus)のように、徐々に多くの人に広まっていく様子を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]