「超高速Webサイトを作るにはスクラッチ開発での構築が良い件」

Ruby開発に強いトランスネットがコラムを公開しました。

番外編「超高速サイトを作るにはスクラッチ開発での構築が良い件」

###
この1年、2年でGoogleの検索順位を決定する基準がだいぶ明確になってきました。かなり昔の話ですと、外部からのリンクが多いとSEO効果が高いとか、META情報にたくさんキーワードを入れたほうがSEO効果が高いという話もありました(現在はいずれも禁じ手)が、いずれもWebを閲覧する人にとってあまり関係がない、わかりにくい基準でした。今のGoogleの検索順位を決定する基準は簡単に言えば、見やすいコンテンツかどうか、わかりやすいコンテンツかどうかという基準になっています。この基準はGoogleが掲げる一番の基準である「Contents is king.」ということに起因しています。

考えてみれば、当たり前の話ですが、Googleのメインビジネスは検索エンジンになります。ユーザが検索してみて、そのリンク先に評価が低い(読みにくく、大した内容ではない)コンテンツがあった場合、「この検索エンジンは使えない」という評価になりますよね。それ故に、Googleは見やすく、分かりやすい良質のコンテンツを検索順位の上位にあげようとしています。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/2018/07/10/kousokuka/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

1組織1ドメイン名の原則
1つの組織に対して1つのドメイン名のみを認めるという原則。「go.jp」(政府組 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]