Facebook、LINE広告のCVRを700%改善した「インフィード広告×チャットボット」の"会話広告"のインパクトとは

Facebook広告とLINE広告を用いて高いCVRを出す事が出来る"会話広告"という新しい広告概念をご紹介します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

【サマリー】

マーケティング担当者必見!
Facebook広告とLINE広告を用いて高いCVRを出す事が出来る"会話広告"という新しい広告概念をご紹介します。
 
お申込みはこちら
 

【セミナー概要】

■背景
2017年3月にスマートフォン広告市場において、FacebookがGoogleの広告費を3倍上回りました。これは、ユーザーのモバイルシフト化を意味しており、ユーザーは検索をしなくなり、SNSの上で長い時間滞在するようになりました。そのため、ユーザーがより長く滞在しているSNSに表示するインフィード広告へ参入する企業が非常に増えております。
 
 
とはいえユーザーが検索することで表示されるリスティング広告はユーザーのニーズが顕在的ですが、SNSを眺めていると表示されるインフィード広告はユーザーのニーズは潜在的な事が多いです。潜在的なニーズのユーザーに対していくらサービスの良さを伝えても、それは"押しつけ型の広告"になってしまいます。そのため、各社インフィード広告に対する課題を持たれています。
 
■マーケティング担当者の課題
・LINEやFacebook広告でなかなかパフォーマンスを合わせられない。
・リターゲティング広告のみしか効果が合わず、数千万人いるユーザーのリーチを活かしきれていない。
・ブランディング広告しか施策を打てておらず、刈り取り型の広告が打てていない。
 
■解決策
そんな中"会話広告"では、1to1のユーザーと最適なコミュニケーションを通じて潜在的なユーザーのニーズを掘り起こします。それにより、ユーザーが押し付けられることなく、自分のペースで自然にCVまで繋げることができます。結果、インフィード広告において圧倒的な広告効果を実現する事に成功しています。
本セミナーは"会話広告"の人材業界における最新事例も含めてお話します。
 
 

【トピック】

■株式会社ガイアックス
インターネット広告に起こった市場の変化 ~SNS広告の"いま"について~
 
■株式会社ZEALS
インフィード広告になぜチャットボットが有効か ~広告の本質とは~
 
 

【セミナー詳細】

【タイムテーブル】
2018年6月5日(火) 19:30~22:00(懇親会含む)
19:00~:開場
19:30~:セミナー開始
21:00〜:懇親会
22:00~:終了
【費用】0円
【定員】先着50名
【持ち物】名刺2枚以上
【場所】東京都港区六本木 6-3-1 六本木ヒルズクロスポイント 5F
(東京メトロ日比谷線 「六本木駅」 徒歩約 2 分、都営地下鉄大江戸線 「六本木駅」 徒歩約 5 分、東京メトロ千代田線 「乃木坂駅」 徒歩約 9 分)
【備考】法人格ではないお客様のお申し込み、競合他社様のお申し込みはお引き受けすることができませんので、あらかじめご了承ください
 
お申込みはこちら
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]