フリークアウトのDSP/DMPがアドビと連携、データ解析とターゲティングをシームレス化

マーケティングPDCAがシームレスにつながり、ユーザーと効果的にコミュニケーション
岩佐 義人(Web担 編集部) 2015/4/11 13:59

デジタルマーケティングのフリークアウトは、同社のDSP「FreakOut」とプライベートDMP「MOTHER」がアドビシステムズが提供するオーディエンス管理ソリューション「Adobe Audience Manager」と連携し、サービスの提供を開始した、と4月9日発表した。サービスによって、データ管理・解析からターゲティング、プロモーション、効果検証までのマーケティングPDCAがシームレスにつながり、ユーザーとの効果的なコミュニケーションが期待できるようになる。

FreakOut・MOTHERとAdobe Audience Managerの連携により、「Adobe Analytics」とAdobe Audience Managerを利用する企業は、Adobe Audience Managerで抽出したセグメントをFreakOutに共有し、FreakOutのターゲティング技術を組み合わせたディスプレイ広告・動画広告の配信が可能になる。フリークアウトは今後も製品連携を積極的に行うことにより、効果の高いマーケティングソリューションの提供を目指していくという。

フリークアウト
http://www.fout.co.jp/

フリークアウトFacebookページ
https://www.facebook.com/freakoutinc?ref=stream&fref=nf

用語集
DMP / DSP / PDCA / オーディエンス / コミュニケーション / データ / マーケティング / 効果検証 / 管理 / 解析 / 連携
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ステークホルダー
消費者や投資家、顧客企業など企業を取り巻く利害関係者全体を示す。 他に、産 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]