「Oracle Marketing Cloud」の連携強化、クロスチャネルマーケティングでの成果向上へ

日本オラクル、「Oracle Commerce」「Oracle WebCenter Sites」とMarketing Cloud連携
よろしければこちらもご覧ください

日本オラクルは同社のクラウド型マーケティングプラットフォーム「Oracle Marketing Cloud」のクロスチャネルマーケティングソリューションと、eコマースで高度な検索と個別最適化を可能にする「Oracle Commerce」、 Webエクスペリエンス(体験)管理製品「Oracle WebCenter Sites」を連携させる、と4月10日発表した。eコマースサイトや各種のデジタルチャネル上で顧客に有益な体験を円滑で包括的に提供でき、クロスチャネルマーケティングでのコンバージョン(成果)率を高められるようになる。

連携によってマーケティング担当者は、キャンペーンマーケティング、Web管理、eコマース・サイトで共通したコンテンツとプロファイル情報の利用が可能になる。デジタルマーケティングに必要なコンテンツを他の部門や代理店など複数の関係者と容易に共有できる。顧客プロファイルを充実させることで顧客別に最適化された体験を各種のチャネルから提供し、マーケティングの効率化とカスタマーエクスペリエンスの一貫性を図り、コンバージョン率や平均注文価格、売り上げ、利益率の向上につなげる。

日本オラクル
http://www.oracle.com/jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ブランドセーフティ
広告出稿が原因で企業や製品のブランドイメージを毀損するリスクと、そのリスクにどう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]