【新Web担必見!】WordPressを企業で採用するための基礎知識

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー穂苅智哉氏の「真剣!KUSANAGI語り場」第7回「【新Web担必見!】WordPressを企業で採用するための基礎知識」がKUSANAGIパートナーのデジタル・ヒュージ・テクノロジーで公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###
今回はここに来て原点に立ち返り、WordPressについて書いていこうと思います。ちょうど年度も変わったということで新しくWeb担になったりWeb関係の仕事が増えたりした人も多いのではないでしょうか。
例えばコーポレートサイトやメディアサイトのリニューアルや、新しい新規Webサイト作成の際に必ずと言っていいほど出る選択肢がWordPressです。そんなWordPressですが意外と知らないこともあるのではないでしょうか。

WordPressがブログシステムから出発し、今では上場企業のコーポレートサイトや有名メディアサイト、海外では米ホワイトハウスのサイトにまで使用されていることを知っている人は多いかと思います。
2018年のCMS (“Content Managing System” WordPressのような簡単にページを作ったり編集したりできるシステムのこと) のシェアを見てみます。以下は、W3Techs - World Wide Web Technology Surveysという団体の調査です。灰色のグラフが全世界のWebサイトのシェアを示したもの、緑色のグラフがCMSの中のシェアを示したものです。

(この続きは以下をご覧ください)
https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2018/04/kusanagi_wordpress/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]