『働き方改革』を実現するための「3つのマーケティングテクノロジー活用事例」をご紹介

『働き方改革』を実現するための「3つのマーケティングテクノロジー活用事例」をご紹介
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

日本は、「人口の減少」という課題に直面しています。特に大きいのは「労働力人口の慢性的な減少」です。働き手が減少すれば、日本経済の成長や国民生活への還元が実現できなくなることから、日本にとっては死活問題となります。この難局を打破しようと安倍政権は、「希望を生み出す強い経済」「夢をつむぐ子育て支援」「安心につながる社会保障」の方針のもと、”一億総活躍社会を実現するための改革”として「働き方改革」への取り組みを始めました。
一億総活躍社会とは、少子高齢化が進む中でも「50年後も人口1億人を維持し、職場・家庭・地域で誰しもが活躍できる社会」であり、その社会の実現には、「労働力人口を増やすこと」が重要なテーマとなっているという訳です。労働力人口を増やすためには、

・働き手を増やす(労働市場に参加していない女性や高齢者)
・出生率を上げて将来の働き手を増やす
・労働生産性を上げる

という課題を解決することが必要不可欠であり、日本企業でも労働力人口を増やしていくための様々な取り組みが行われています。

特に、高度成長期の会社最優先姿勢が美徳とされていた名残として残る長時間労働の意識や環境は、不名誉ながら2002年に「karoshi」という英単語で全世界に問題認識されたことも大きく影響し、喫緊の課題として改善が求められています。
企業は様々な活動で社会貢献していますが、私たちの業務領域である「マーケティング」の現場において、この課題に向き合うことができるのか?「労働生産性を上げる」というテーマでマーケティング業務の効率化について私たちの取り組みをいくつかご紹介したいと思います。

 

続きはこちらからご覧いただけます。

 

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]