やりたいことが見つからない人は、やりたいことが見つからない環境に在籍している気がします。

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「やりたいことが見つからない人は、やりたいことが見つからない環境に在籍している気がします。」を公開しました

###

この言葉が独り歩きしても誤解を生みそうですが、、、そんな危惧はさておき、私の考えを述べます。

やりたいことが見つからない人がいます。

その人の職場でやりたいことが見つかっている人が少ないか、やりたいことが見つかっている人がいたとしても、自分が目指したいものでない時、有る方法で転職したほうがやりたいことが見つかりやすいと考えます。その「ある方法」は最後に書きます。

そう考えるのは、環境が人を変えると思うからです。

やりたいことが見つかっている人が少ない職場で、ひたすら頑張っても、自分がやりたいことが見つかる可能性は低いです。何故なら、その職場はやりたいことが見つかりにくい環境だからです。

これは冷静に考えてみると当たり前ですよね。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_1921

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クチコミ
情報が人から人へと口伝えにつたわること。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]