アドフラウド対策は、マーケティング業界全体で取り組むべき課題

アドフラウド対策は、マーケティング業界全体で取り組むべき課題
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

近年、ネット広告の価値を低下させる原因となる「アドフラウド(広告詐欺)」に対する危機感がネット広告業界において高まっています。例えば、自社イメージと合わない暴力的なサイトや成人向けサイトなどに自社ネット広告が意図せずして表示されることでブランド価値が下がるという悪影響を懸念した広告主が、ネット広告出稿を縮小する、取り止めるといった動きが出てきています。

またアドフラウド、すなわち不正なインプレッションやクリックが総ネット広告出稿量に含まれる割合が高いほど、広告費が無駄に使われていることになるため広告主の不満や疑心暗鬼が日に日に高まっているのが現状です。結果、多くの広告配信企業が不正インプレッションや不適切な広告配信対象を取り除くことにより、広告効果を上げる取り組みが行われ始めています。

なぜ、日本では「アドフラウド」が問題になりにくいのか?

 

続きはこちらからご覧いただけます。

 

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CTR
広告がクリックされた頻度を表す。 たとえば、広告が1000回表示され、その ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]