大人気Twitterアカウントの「中の人」から学ぶ人気アカウントにするための極意~マーケティングカンファレンス2017~

SNSの運用は大切になったとはいえ、SNSを人気アカウントにするにはどうすれば良いのか?
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

FacebookやTwitterなどSNSの自社アカウントを持っていない企業ってほとんどないのでは?と思える程、SNSの活用は企業においても活発化していると言えると思います。しかし、ほとんどの企業では、定期的な新商品のリリースなどの投稿に限定されていたり、ツイートを続けているもののフォロワーも増えずだんだんツイートしなくなってしまった。そんな企業も多いのではないでしょうか?

SNSの運用は大切になったとはいえ、SNSを人気アカウントにするにはどうすれば良いのか?人気にならなくても、SNSを通してファンになってもらいたいし、フォロワー数を増やしたい。SNS運用者であれば一度は考えたことがあるのではないでしょうか。そのヒントになりそうな報告が先日開催された「マーケティングカンファレンス2017」(日本マーケティング学会主催)においてありました。今回はそのことについて書きたいと思います。SNS活用のヒントになると思います。

私が参加したセッションは、水越康介氏と麻里久氏(共に首都大学東京)の「アカウント・アイデンティティ・プロジェクト-ソーシャルメディアにおける企業と消費者のインタラクションのメカニズム」と「企業アカウント間のインタラクションとマーケティング効果」というセッションでとても興味深いものでした。

このセッションでは、企業のSNSアカウントを運用している「中の人」に実際にインタビューして、どのような考え方を持って運用しているのか?実際にどのような体制で運用しているのかについて報告がされました。インタビューした相手は「シャープ」「キングジム」を運用している「中の人」です。特にシャープのTwitterは非常に面白いツイートをすることで有名なので知っている人も多いかもしれません。

アカウントを「人」として認識させることが大切

報告ではまず、シャープのTwitter運用者=「中の人」がどのようなことに気を付けてTwitterを運用しているのかについての話がありました。シャープの中の人が運用において気を付けているのは、

続きはこちらからご覧いただけます。

 

 

マーケの強化書とは

マーケの強化書」は、株式会社ジェネシスコミュニケーションのコンサルタントが「マーケティングの実践的ノウハウ」をお伝えすることを目的とした自社メディアです。ジェネシスの仕事の考え方・取り組み方についてお伝えしていきます。

●「コンサルタントのコラム」
コンサルタントが「マーケティングの実践的ノウハウ」について毎月執筆しています。
●「マーケ担当者インタビュー」
企業のマーケティング担当者にマーケティングの取り組みについて定期的にインタビューしています。
●「強化ワークシート」
マーケティングの会議や企画で使える便利な資料を継続的に提供しています。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]