開発者はどんな言語を使っているのか?

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「開発者はどんな言語を使っているのか?」を公開しました

こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。
 今月は、プログラミング言語に関する興味深いレポートが発表されましたので、ご紹介したいと思います。

電気通信分野の標準化団体であるIEEE(アイトリプルイー)が発行するオンラインマガジン「IEEE Spectrum」が、「The 2017 Top Programming Languages(*1)」を7月18日に発表しました。

「IEEE Spectrum」によると、人気のプログラミング言語を決めるために、まずGitHubで使われている300種類以上のプログラミング言語をリストアップし、それをすべてGoogle検索にかけ、件数が多い48種類に絞り込みました。そして、その48種類のプログラミング言語について、Google検索、Google TrendsやTwitter、GitHub、Stack Overflow、Reddit、Hacker News、CareerBuilder、Dice、IEEE Xplore Digital Libraryなど10種類の情報源から12種類のメトリクスを算出、それらを総合的にポイント化しました。

その結果、2017年現在、もっとも人気のあるプログラミング言語は「Python」で、2位以下は「C」、「Java」、「C++」、「C#」、「R」、「JavaScript」、「PHP」、「Go」、「Swift」ということになりました。「Python」は、昨年の2位からランクアップしていて、深層学習用のフレームワーク等で活用されるケースが増えてきているので、このような結果になったではないでしょうか?

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_1236

この記事が役に立ったらシェア!
tweet6はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

EDI
紙の伝票で行ってきた企業間の注文情報や出荷情報などを電子化する仕組み。 こ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]