グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第21回 Googleのソースコード管理システム ― Piper/CitC(続編)

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第21回 Googleのソースコード管理システム ― Piper/CitC(続編) 」を公開しました。

はじめに
 前回に続いて、2016年に公開された学術記事「Why Google Stores Billions of Lines of Code in a Single Repository」をもとにして、Google社内で利用されているソースコード管理システムを紹介します。
 前回説明したように、Googleでは、ほぼすべてのソースコードが単一のリポジトリで管理されており、すべての開発者が共通のソースコードを利用できるようになっています。今回は、このような仕組みがもたらす利点と課題を説明します。

単一リポジトリの利点
 冒頭の記事では、単一のリポジトリを使用する利点として、次のような点があげられています。

•複数バージョンにまたがる依存関係の問題を回避する
•大規模なリファクタリングを可能にする
•プロジェクト間でのソースコードの共有を推進する
 まず、複数バージョンにまたがる依存関係ですが、たとえば、図1左のようなライブラリーの依存関係を考えてみます。アプリケーションAは、内部的に、ライブラリーBとライブラリーCを使用しており、さらに、ライブラリーBとライブラリーCは、どちらも共通のライブラリーDを使用しています。この時、それぞれのライブラリーが別々のリポジトリで独立に管理されているとすると、ライブラリーBとライブラリーCで、前提となるライブラリーDのバージョンが異なる可能性が発生します(図1右)。そうなると、ソフトウェアAをビルドする際は、異なるバージョンのライブラリーDを使い分けないといけなくなります。一般的なビルドツールでは、このような状況は想定されておらず、ソフトウェアAをビルドすることは困難になります。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai221.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]