VMware 海外動向 > 第9回 ソフトウェア・デファインド・ネットワークの成功事例 - Tieto社

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「 VMware 海外動向 > 第9回 ソフトウェア・デファインド・ネットワークの成功事例 - Tieto社」を公開しました。

こんにちはー。今回も海外のVMware関連のコラムを意訳してご紹介します。VMwareの海外動向を理解する上での参考になれば幸いです。

###

仮想化への道のりはコンピュータレイヤから始まり、その後ストレージに進み、そして現在はネットワークの仮想化に至りました。ネットワークの仮想化はこれらの中で最も重要なステップであり、最も効果的で、ITのコストカット幅も最大となりました。さらにTieto社のユーザーは高品質で標準化されたクラウドサービスや自動処理を、以前より少ない総費用で所持することができるようになりました。
従来のデータセンターでは様々なサブネットが別々にvLANを使用しています。これらのvLANはサブネット同士を接続しながらファイヤウォールや物理スイッチと通信するため、いずれかのサブネットに変更や更新があると物理ネットワークノードの再構築が必要になります。必要な再構築とは、例えば、既存のアプリケーションの安全を守るためにローカルのvLAN間でリアルタイムに新しいファイヤウォールを追加することや、アプリケーションによる拡張のニーズを満たすためにロードバランサーを更新することなどです。これらの作業には時間がかる上にリスクが高く、費用も嵩みます。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/vmware/columns/noda/noda09.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロール
関連語 の「Google Webmaster Central」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]