【10/7開催・大阪】オリジナルテーマを作ろう!WordPress カスタマイズ基礎

WordPressを用いたWebサイトの制作を実習します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

↓↓詳細・申し込みはこちら↓↓
https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=21815
 

講座内容

 

WordPressのデザインテーマを自由に作ってみたい!
と思っても、

●テーマファイルの構成が複雑
●PHP言語を使用したテンプレートコードが分かりづらい…

とハードルは結構高め。

本講座では、いちからデザインテーマを解説し、
WordPressを用いたWebサイトの制作を実習します。
WordPressのデザインテーマを組み込む手順と最低限必要なテンプレートコードを学びます。

講座を通して、絶対に外せない基本事項を押さえますので、
Web制作の知識があれば、プログラマーでなくても
デザインテーマの制作が進められるはず。

豊富なフリーライセンスのWordPressテーマを使えば楽だけど
なんだか物足りない、自分だけのオリジナルデザインにしたい!とご希望の方、
ぜひ本編でテーマづくりにチャレンジしてみましょう!

 

◆◇WordPressを初めて勉強される方は、9月9日実施のインストールから学ぶ WordPress スタートアップ入門と合わせて受けるとより理解が深まります。
ぜひ、ご検討ください。

ページの先頭へ戻る

 

講座構成(予定)

WordPressテーマの仕組み
・デザイン関連のメニュー
・テーマのテンプレートファイル構成
・今回作るテーマについて
・ひな形のHTMLページを分割する

トップページテーマ作成
・ヘッダーとフッターを作る
・記事を表示する

サイドバーテーマを作成
・ウィジェットの登録
・サイドバーを作る

他のテーマを作成
・記事の個別ページを作る
・カテゴリーページを作る
・サイト内検索を作る

テーマに機能を追加
・カスタムメニュー
・SNSボタンの設置(プラグイン使用)
・記事中画像のLightBox風ポップアップ表示(プラグイン使用)

ページの先頭へ戻る

 

対象者

・WordPress4.xを導入し、オリジナルテーマ作成を希望する方
・企業のWebサイト更新担当者や初級〜中級レベルのWebクリエイター
・他のCMS製品ユーザーで乗り換えを検討されている方 など

ページの先頭へ戻る

 

受講に必要な条件

以下の条件全てを満たしている場合に限り受講が可能です
・WordPressのインストール・管理画面の使用経験があること
・Web制作経験者でHTMLとCSS2のソースコードをある程度理解できていること
 (これからWeb制作を始める方向けの基礎とは異なるのでご注意ください)
・キーボードからの英数字等入力が難なくできること
 (講義内でソースコード入力が多いため、ついていけない可能性があります)

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索連動型広告
検索エンジンの検索結果ページで、検索キーワードに対応した内容の広告が表示される広 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]