Ruby on RailsでWebやるなら知っておきたい、Rails初学者がつまずきやすい「アセットパイプライン」

Ruby開発に強いトランスネットは野呂浩良氏によるコラム”Rails初学者がつまずきやすい「アセットパイプライン」”を公開しました。

Ruby開発に強いトランスネットは野呂浩良氏によるコラム”Rails初学者がつまずきやすい「アセットパイプライン」”を公開しました。

###
こんにちは。タイムシフトの野呂です。

私は、34歳で約2ヶ月間集中して自習してWebアプリケーションの開発を行い、Rails3技術者認定ブロンズを一発合格した経験があります。本業では、プログラミング・スクール「Dive into Code」の講師を務めています。

今回は、つまずきやすいポイント「アセットパイプライン」について解説をします。効果的に学習を進めるためのお役に立つことができましたら、幸いです。

★アセットパイプライン

Ruby on Rails は、どのようなWebアプリケーションを開発する際にも共通して作成する必要があるものを、自動的につくることができます。Webアプリケーションフレームワークのひとつです。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/2016/02/28/rails初学者がつまずきcolnr「アセットパイプライン/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]