よろしければこちらもご覧ください

Google Watch

Google Web Toolkit 1.1.10リリース

今や技術面でもビジネス面でも、インターネットを語るうえで欠かせない存在となったGoogle。この連載では、そんなGoogleが提供しているサービスとそれを支える技術の解説、ビジネス的な可能性の考察など、さまざまな視点から捉えていく。

Googleは、Javaでコードを書いてAjaxコードを生成するGoogle Web Toolkit(GWT)のバージョン1.1.10をリリースした。

Google Web Toolkit
http://code.google.com/webtoolkit/

Google Web Toolkit(GWT)は、Java言語による開発フレームワークで、Google MapsやGmailのようなAjaxアプリケーションを、JavaScriptの詳細を知らない開発者でも作れる用にするもの。Ajaxで動的なウェブアプリケーションを開発する場合、開発作業の90%をブラウザやOS間の細かいJavaScriptの非互換性への対応に費やされると言われる。また、JavaScriptはモジュール化しづらいため、Ajaxコンポーネントの共有、テスト、再利用が困難で、かつ脆弱になっているとも言われる。

GWTは、これらの問題の多くを解決するとともに、多くのユーザーに動的で標準に準拠したユーザー体験を提供できるものだとされている。Java言語でフロントエンドをプログラミングするだけで、GWTがJavaのクラスをブラウザ互換のJavaScriptとHTMLにコンパイルしてくれる。

バージョン1.1.10ではあるものの、GWTは引き続きベータ版として提供されている。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]