Ruby on Railsで解決するコラム「100以上もあるExcelの申請書を低コストでWebシステム化する方法」

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

私がトランスネットで連載しているRuby on Railsで解決するコラム「100以上もあるExcelの申請書を低コストでWebシステム化する方法」が公開されました。

興味がある方はどうぞ!

####
Excelで申請書を作ったことがない会社ってあるのでしょうか?
今まで3つ会社を立ち上げてそれなりに従業員がいたこともあります。小さな会社ということで、申請書はやはりExcelで作っていました。従業員4000名の会社にいたことも、600名の会社にいたことも、世界的な外資系にいたこともありますが、申請書は全てExcelでしたね。 中には記入して印刷して稟議を回したり、そのままメールに添付したりしていました。勤怠など普遍的なものはWeb化されていたところは多かったですけど、ちょくちょく変わるところはExcelで運営しているところが多いのではないでしょうか?ちょくちょく変わるところはExcelの申請書で作り、落ち着いたらシステム化しようと当初は思っていても結局はExcelでそのまま10年運営しているところも少なくないはずです。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/bb6bdz3il-24/#_24

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]