AWSのネットワーク-VPC(Virtual Private Cloud)-

CTC教育サービスはコラム「AWSのネットワーク-VPC(Virtual Private Cloud)- 」を公開しました。
こんにちは、デジタルサポート大喜多です。

 今回はAWSのネットワーク-VPC(Virtual Private Cloud)について簡単に説明してみます。VPCは最近よく技術コラムでも解説が良くされている通り、押さえておかなければならないキーワードの一つになってきています。もし、まだ理解されていない方は、この機会に確認をしておいてください。AWSはクラウドの代表格であり、クラウドはIT市場においても欠かせない存在になっているので、AWSエンジニアの方でなくても知っておいて損はないキーワードだと思います。

VPCとは
 VPCとは「Virtual Private Cloud」という名称が示すとおり、当初はAWS上のリソースをプライベートクラウドのように利用することができるという意味を持ったサービスでした。しかし現在ではAWSにEC2やRDS等のインスタンスを立ち上げて利用するネットワークはVPCがデフォルトとなっているため、パブリッククラウド・プライベートクラウド問わず、VPC上に環境を作っていくことになります。

VPC構成例
 下記の図をもとにVPCの特性を活用した構成例をご紹介します。わかりやすくするために、シンプルな構成にしてあります(実際の商用環境は可用性向上などのため、これよりも複雑になることがほとんどです)。

この続きは以下をご覧ください
https://s.japan.zdnet.com/bizportal/?ctrl=release&cmd=edit

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]