NTTPC、WebARENA Symphonyのプライベートクラウド「仮想環境構築サービス」の提供を開始

顧客ごとに専用の仮想サーバーを用意し、導入・構築・監視・保守までワンストップで提供
よろしければこちらもご覧ください

株式会社NTTPCコミュニケーションズは、同社のハウジングサービスWebARENA Symphonyにおいて、専用の物理サーバーを設置してプライベートクラウドとして利用できる「仮想環境構築サービス」の提供を7月28日より開始した。

顧客ごとに専用の仮想サーバーを用意し、導入コンサルティングから利用環境、監視・保守までワンストップで提供する内容。仮想サーバーだけでなく、ファイアウォール、ロードバランサ、侵入検知システム、監視アプリケーションまで貸そうサーバーのなかに実現するもので、24時間365日の監視保守も標準でサービスに含まれる。

ハードウェアの障害時にもシステムを停止させることなく他サーバーにマイグレーション可能で、既存ITシステムとの連携や既存のデータセンター内のラック間配線も可能。同社が10年以上にわたって提供してきた仮想化技術とネットワークの技術を生かしたサービスとなっている。

サーバーを集約してリソースを有効活用するためにクラウド化したいがISMSなどの認証の関係でパブリッククラウドを利用できない場合や、管理時にVPNでの接続が必要となる場合などに最適なサービスとなる。

また、サーバーを購入する形ではなく1年・2年・3年といった期間でのレンタル扱いになるため、初期投資が低く済み、資産ではなく経費扱いにできることも特徴。

初期費用は34万2,300円から、月額料金は8万5,050円から(どちらも基本構成利用、最小構成の場合で税込)。納期は約1か月。

・WebARENA Symphony 仮想環境構築サービス
http://web.arena.ne.jp/symphony/virtual/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CPM
本来は、「広告が1000回表示されるごとに何円の費用がかかるか(かかったか)」を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]