GMO-HS、エンタープライズ向けクラウドソリューション「GMOクラウド」を提供開始

クラウド基盤の導入コンサルティングからシステム設計・構築、運用・監視まで一貫してサポート

ホスティングサービス事業のGMOホスティング & セキュリティ(GMO-HS)は、エンタープライズ向けのクラウドソリューション「GMOクラウド」を2月7日に提供開始した。

GMOクラウドでは、プライベート/ハイブリッドクラウド基盤の導入コンサルティングからシステム設計・構築、導入後の運用・監視までをGMO-HSがワンストップでサポート。主なサービスとして、「GMOクラウド Private」「GMOクラウド Hybrid」「GMOクラウド Network」を提供する。

「GMOクラウド Private」は、仮想化技術を駆使して拡張性に優れたIT基盤の設計から構築・運用まで、一貫したマネージメントを行い、セキュリティ対策を施した専用のクラウド環境(プライベートクラウド)を提供する。「GMOクラウド Hybrid」は、プライベートクラウドとパブリッククラウド、または利用者が所有する自社サーバーやレンタルサーバーなどのインフラ環境を組み合わせたハイブリッドクラウド環境を構築可能なサービス。「GMOクラウド Network」は、大容量のコンテンツの配信や海外向けサイトを持つグローバル展開を行う企業向けのWebサイト高速化サービス(CDN)。

GMOクラウド サービス一覧
http://gmocloud.com/service/

GMOインターネット
http://www.gmo.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]