Standard PHP Library(SPL) SPL関数編

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Standard PHP Library(SPL) SPL関数編」を公開しました。
SplFileObjectで「クラスインタフェースがどうちゃら」いう直後で大変に恐縮ではあるのですが、
SPL、最後は「SPL関数」編です。

ただ、SPL関数はなかなかに面白く、使い勝手もある関数がそろってますので。
食わず嫌いももったいないので、是非、軽く流し読みをして「頭にほんのりと」情報を残しておいてみてください。
特に、共通関数共通クラス、フレームワークその他を作ろう、なんていう「ちょっと変わった状況」の時には、
極めて重要かつ便利かつ強力な関数がそろってますんで。

まずはclass_implements関数。
これは「与えられたクラスが実装しているインターフェイスを返す」とあります…まずは論より証拠。

var_dump( class_implements(‘SplFileObject’) );

どんなインタフェースをimplementsしてるかが一発でわかりますね。
似たような感じで「親クラス」を得ることが出来るのはclass_parents関数。

var_dump( class_parents(‘SplFileObject’) );

近い感じで、指定したクラスが使っているトレイトを返してくれるのがclass_uses関数。
…トレイトは、PHP上級試験の範疇には入ってこない、PHP5.4からの機能ですが。
できれば、このコラムで後日、少し紹介出来ればなぁ、って思ってます。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/704/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]