サイズが最新CMS「Web Meister5j」販売、HTML5とJavaScript技術を全面採用

ウェブ標準に準拠した最新のブラウザに対応、インタフェースの表示を高速化

ウェブ制作・CMS(コンテンツ管理システム)開発のサイズは、同社のCMS「HTML5CMS-Web Meister(ウェブマイスター)」のバージョンアップ版「Web Meister5j」の販売を11月1日に始める、と10月28日発表した。基本機能をそのままに、HTML最新版のHTML5とJavaScript技術を全面的に採用した。ウェブ標準に準拠した最新のブラウザに対応し、インタフェースの表示を高速化した。

独自開発のグラフィカルユーザインタフェースを導入し、簡単な操作でコンテンツが編集・変更できるようにした。パソコン、タブレット、スマートフォンなどの画面サイズに最適化した表示も実現する。「Standard」「Lite」「mini」を展開する。Liteとminiはワークフロー管理機がなく、miniは公開ページが300ページに制限される。各月額20万円から、12万円から、6万円から。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]